現在ほとんどの病院で1~ 3 件程度の認知症の医療支援が行われているようです.来院時すでに対症療法が必要なケースが多く苦悩されることが多いでしょう.認知症のケアは以前の生活へ戻すことを目指しません.ご家族との日常生活を穏やかに維持できるようにすることが大切になります.認知症介護の時間はご家族にとってターミナルケアの大切な時間です.獣医師・動物看護師としての役割を考えてみましょう.