「麻酔記録つけていますか?」と問われたとき,みなさまはどのように答えるでしょうか?

  • できる範囲でつけていますけど・・・・
  • 完璧なものじゃないけど・・・・

と何かと自信なさげに答えられる方が多いのではないかな?と想像されます.
麻酔記録をつけると,何がいいのか?どんなことが役に立つのか??

本講演はこれまで麻酔記録を書いていなかった人たちには書くことを始めるきっかけに,記録を取っていた人にとっては,もう一歩進んだ記録の解釈ができるようにすることを目標にしています.
ぜひ,ご聴講いただき,麻酔記録をつける醍醐味を味わってください!!