体表リンパ節が腫大するタイプのリンパ腫の診断はそれほど難しくありません.しかし,体表リンパ節が腫大しない胸腔内や腹腔内のリンパ腫は診断の難易度があがり,腫瘤を形成しないリンパ腫の診断はさらに難しくなります.
こんな臨床徴候でリンパ腫だったパターン,リンパ腫を疑ったけど違う疾患だったパターンについて,診断のポイントを解説します.最近のクローナリティ検査事情についてもお話しします.