もはや皮膚科外来の1/3頭はフレブルでは?そのくらい多いです.そんなの知っているという先生も多いかと思われますが,本講演では,比較的皮膚科に慣れていない先生向けに,若いフレブルが皮膚病で来院された際の2大巨頭,犬アトピー性皮膚炎と細菌性毛包炎について,それぞれアプローチの違いと治療のコツについて基本的な部分を解説してみたいと思います.この2つをマスターすれば,多くは安定するかな.いや,それでも難しいですよ.是非,ご確認を.