超音波ガイド下針生検は、特殊な器具を必要とすることなく実施可能な汎用性の高い生検方法である。この手技の手順を言語化すると「超音波で病変と針を描出し、画面を見ながら病変の細胞を採取する」だけではあるものの、実際に行ってみると思いのほか針がうまく画面上に描出できなかったり、狙った位置に針先を運べないという状況に陥ることもしばしばある。
本講演では、超音波ガイド下針生検を実施する上で最低限押さえておいていただきたいポイントについて解説させていただく予定である。